top of page
UMFST-Targu-Mures.jpg

George E. Palade

医科薬科科学技術大学 Targu-Mureș

ルーマニア国立

https://www.umfst.ro/en/home.html

ドイツのハンブルグキャンパス

英語とドイツ語コース

私どものサポートにより合格者・入学者のいる全部の医学部は、WFMEの認定を受けております。​

2023年度の要項は発表になり次第お知らせします
下記は2022年度募集要項

英語コース募集定員 50人

入学審査 - 

必要提出書類

1)入学申請書

2)履歴書

3)英語能力証明できる国際的な証明証(入学予定日から二年以内)

または英語が教育媒体であった学校が発行した高校卒業証書(インターナショナル校など)がある方は提出してください。

*本年度は、現地での英語の入学試験はありません。

4)入学許可証発行要請書

5)高校の卒業証明書 公認翻訳者によりルーマニア語に翻訳後、公証を受けたもの

6)高校の成績証明書(生物、化学、物理、数学、科学など)公認翻訳者によりルーマニア語に翻訳後、公証を受けたもの

7)出生証明証(戸籍抄本)公認翻訳者によりルーマニア語に翻訳後、公証を受けたもの

8) 健康診断証 公認翻訳者によりルーマニア語に翻訳後、公証を受けたもの

9) 心理診断証

10)パスポートのコピー 有効期限まで6か月以上あるもの

11)パスポートサイズの写真 

12)志望理由エッセイ

13)書類審査料 250ユーロの銀行指定口座の支払い送金証明証 

書類提出期間:早期提出受付があります

George
E. Palade
を選ぶ理由

タルグムレシュでの医学教育は、クルージュナポカのバベスボリアイ大学内の医学部の一環として、1945年に始まりました。この新しい大学が設立された後、政令第407/1945号により、言語学、哲学、法経済学、自然科学の学部がクルージュで活動を開始し、医学部はトゥルグムレシュに移転しました。 1945年から1948年までのその活動。 1948年、教育改革に続いて、医療-製薬研究所が設立されました。これは、一般医学、小児科、衛生学、歯科、および薬局の学部で構成される独立した研究所です。 1951年から1958年の間、一般内科、小児科、薬局の3つの学部がありました。その後、1958年から1959年に小児科が再編成され、1960年から1961年に歯学部が再び活動を開始し、1965年から1966年に学部として設立されました。 その後の25年間、多くの議論の余地のない価値のある教授陣が私たちの学部で教鞭をとり、学部の高い評価に貢献し、その成果を世界中に広め、誇りを持って私たちを代表してくれました。

1991年に、研究所は医学薬学大学の名前を与えられ、現在の社会状況を踏まえ、専門家を教育および形成する医療専門分野の数が一貫して増加し、調和のとれた構成の学術全体である一流の大学になりました。 政令800/1965および教育省令により、タルグムレシュ医学研究所は医学博士(7人の教授が博士課程指導教員に任命される)を授与する権限を与えられ、それ以来、博士課程の人数は毎年増加しています。 1951年の卒業クラスを皮切りに、64のクラスの卒業生を送り出してきました。

医学部の教員は、継続的な努力を通じて、医学の分野の変化と進歩のために貢献してきました。その医学的指向を考え、トルグムレシュ医学部は、何世代にもわたり優れた教育を受け、資質に富む医師を形成してきました。 現在では「ジョージエミールパレード」の英語コースは、ドイツのハンブルクにもキャンパスがあり、一部の履修単位の相互交換も可能になっています。

bottom of page