top of page

早期募集のお知らせ「国立:グリゴレ ティー・ポパ大学医学部」(Grigore T.Popa:ヤシ)

更新日:2月11日




今年も、各大学の先陣を切って「国立:Grigore T. Popa大学医学部」が新年度に向けて「早期募集」を開始いたしました。従前との比較では大きな改定などはありありません(いくつかの変更について説明会でお話しします)。以下に早期募集の概要について記します。

 

◎出願時期と合格発表  

2024年2月5日  出願期日(〆切)2024年7月19日

※出願可能期間はとても長いので、慌てることなくじっくりと対策しつつ出願の準備を進めることが可能です

※「合格発表」は出願時期に沿って行われるため、他の医科大学よりも早期に「合格通知」を取得し安心できることが「Grigore T.Popa大学医学部」早期募集のメリットと言えます

 

◎「Grigore T.Popa大学医学部」の特徴   入学までのインターバルが最短

※新卒(高校3年生)の現役受験の場合、他国で行われている「予備コース」が不要なため、卒業年度の秋からルーマニアの医科大学へ入学できるという点も魅力となっています(通常、他国の「予備コース」履修には一年程度必要ですが、グリゴレ ティー・ポパ大学を選択した場合はおおよそ半年のインターバルで大学生活に移行することが可能です)

 

◎英語能力に必要な水準   原則:CEFR 「B2レベル」が求められます

※一般的にはTOEFL/IELTS/TOEICなどの基準がありますが、「Grigore T. Popa大学医学部」が採用している英語能力の判定基準は多岐に及んでいます。英語レベルに自信のない方にとって、興味深い情報もあります

※詳細はお問い合わせください


◎その他の「提出書類」 

※高校の卒業証明書(見込みの場合、後日提出でも大丈夫です)

※高校の成績証明書 高校1年生次と高校2年生次(主要科目、生物・化学・物理などの理科教科:5段階評価の3以上が望ましい)

※戸籍抄本(出生証明書)「戸籍謄本」は必要ありません

※住民票(連絡先としての現住所確認)

※健康診断書


☆これらの書類には「翻訳」「公証(ルーマニア国内)」「アポスティーユ認証(日本国内)」などが必要になります(詳細はお問い合わせください)


☆高校時代の先生からの「推薦状」、課外活動の証明書(赤十字やその他のボランティア活動など)は必須書類ではありませんが「加点要素」になる可能性があります。

 

MSAでは「Grigore T.Popa大学医学部」の入学に特化した各種のカリキュラムを整えております。

ご興味のある方はHPの「お問い合わせ」または 

E-mail: MedStudentAbroad@outlook.com までご連絡ください。

 

 

 

 

閲覧数:253回

関連記事

すべて表示
bottom of page